購入に際しての注意点

コピー機コピー機に限らず、精密事務機器の中古品の購入に際しては、色々な角度からの慎重な確認作業が求められます。基本メーカーの保証が付かぬ商品である以上、有事に販売店がどこまで対応してくれるのか、有償無償の対応範疇と設定期間はどうなのかなど、予期せぬ状況から日常業務に支障が生じた場合への備えが欠かせません。より迅速確実な対処が可能なシミュレーション作業に絡め、購入先を慎重に絞り込む作業が結果、安定した業務の継続に繋がります

また同一のお目当ての中古機種の販売価格が、異なる中古品販売業者で各々異なる場面に遭遇されるケースも想定されます。ここでも売価だけで即購入を決定するのでは無く、アフターケア面の充実度、更に立地条件によっては搬入時に追加料金が発生するのか否かなど、必要となる総額の確認からの比較作業も大切です。また個体差としては大変美品であったとしても、例えば製造修了から一定期間が経過している機種の場合、後々トナーなどの周辺機器や修理用パーツの調達に窮してしまう懸念が見過ごせません。型遅れ製品に関しては、特に年式のチェックも重要です。この辺りは中古車や中古家電など、定期的なメンテナンスが必要な他の製品と共通しています。中長期的な事業計画に十分対応可能な機能プラス、販売店からのフォローが約束された機種の選択が、賢い中古コピー機購入の「要」です。

中古品という選択肢

コピー機一昔前の中古機器に対する私達が抱く先入観の多くは、倉庫風のスペースに乱雑に積み上げられホコリを被り、破格以上の安価な売価での現状売り切り販売品のイメージが否めませんでした。リサイクルなる表現よりはジャンクに相当する、怪しささえ否めぬ、そんなコピー機を始めとする各種事務機器は、確かに今もそうした市場の中で流通が続いています。

ですが市場と世の中の価値観の変化と進化は、こうした一定年齢以上の方々に色濃い、中古品=安かろう怪しかろう的な先入観とは無縁の、独自の高品質プラス確かなサポートが約束された市場をも形成するに至っています。1度は何らかの事情で活躍の場を失うも、現役の精密事務用機器として十分な耐久力と性能を有する多くの中古コピー機が、万全のメンテナンスを施され蘇り、次なる活躍の場を求め、新品よりも遥かにお買い得価格にて販売されています。こうした市場の存在を視野に入れていただければ、自ずと候補となるコピー機の幅も広がります。

開業時の先行投資を抑えつつ、それでもリースでは無く購入がベストとの判断に至り、特にベーシックな機能プラスアルファを求められるのであれば、充実の機能を誇る中古品の存在は見過ごせません。また、中古コピー機の専門サイトもあります。信頼出来る専門業者が販売する中古コピー機を、ぜひ選択肢の1つとして視野にいれていただければ幸いです。最後に注意点について紹介します。

より安価なコピー機

コピー機家電製品やオフィス機器類の中古品と聞けば、リサイクルショップで簡単なチェックと正装だけが施された、現状販売保証無しで格安感だけがメリットの処分品的なイメージが否めませんでした。乱暴な表現を用いれば「安かろう悪かろう」的な立ち位置の商品であり、とりわけ万一のトラブルのリスク回避が必要なビジネスという土壌に於いては、こうした不安定な格安製品に安易に出を出せずして当然でしょう。

ところがその後の時代と流通市場の形態と価値観の変化から、こうした旧来のリサイクル品とは一線を画す、現行新品商品に引けを取らぬどころか、時にそれ以上の品質に迫る中古品が、多くの分野で販売実績を伸ばし続けています。徹底した再調整に加え、独自の充実のアフターフォローも準備され、型番こそ最新製品では無いにせよ、変わらぬ性能と何より販売価格の安さが大きな魅力となり、日々新たなリピーターを拡大し続けています

ここではそんな注目すべき中古品市場の中でも、絶大なニーズが絶える事の無いコピー機というカテゴリに焦点を合わせ、敢えて中古品購入を選択するメリットや、実際に購入に至るまでに見過ごせぬ注意点など、ぜひ踏まえておいていただきたいポイントをピックアップから、みなさんと一緒に検証作業を進めてみたいと思います。結果的に失敗に繋がってしまう落とし穴を見過ごさぬべく、お伝えする内容をご確認の上、これからの作業に活かしていただければ幸いです。