購入に際しての注意点

Posted by admin on 18/01/16

コピー機コピー機に限らず、精密事務機器の中古品の購入に際しては、色々な角度からの慎重な確認作業が求められます。基本メーカーの保証が付かぬ商品である以上、有事に販売店がどこまで対応してくれるのか、有償無償の対応範疇と設定期間はどうなのかなど、予期せぬ状況から日常業務に支障が生じた場合への備えが欠かせません。より迅速確実な対処が可能なシミュレーション作業に絡め、購入先を慎重に絞り込む作業が結果、安定した業務の継続に繋がります

また同一のお目当ての中古機種の販売価格が、異なる中古品販売業者で各々異なる場面に遭遇されるケースも想定されます。ここでも売価だけで即購入を決定するのでは無く、アフターケア面の充実度、更に立地条件によっては搬入時に追加料金が発生するのか否かなど、必要となる総額の確認からの比較作業も大切です。また個体差としては大変美品であったとしても、例えば製造修了から一定期間が経過している機種の場合、後々トナーなどの周辺機器や修理用パーツの調達に窮してしまう懸念が見過ごせません。型遅れ製品に関しては、特に年式のチェックも重要です。この辺りは中古車や中古家電など、定期的なメンテナンスが必要な他の製品と共通しています。中長期的な事業計画に十分対応可能な機能プラス、販売店からのフォローが約束された機種の選択が、賢い中古コピー機購入の「要」です。

Filed under 未分類

Comments are closed.